2020年に変わる英語教育。小学生で英単語を書けないという心配

こども英語

2020年度、小学校の英語教育が変わります。

小学5年生から英語が教科になり成績がつくようになり、
英語に関心がある親世代は心配事が1つ増えたかもしれません。

小学生、英単語を書くということ


一般的な小学校に通う小学生は、大体3年生からローマ字(日本語読み)を始めます。
ですので、英会話に通っている子どもたちは3年生に読みが伸びる子が多いように感じます。

一方でローマ字と英語の読み方(フォニックスで読む)が違うことに
戸惑う子どもも多いようです。
それは4年生になるうちに段々自然に違いを覚えていくようです。


とはいえ、小学校低学年で英単語のスペルを何も見ないで書くというのは難しいものです。
4つの線を意識して綺麗に文字を書くということは小学生の挑戦です。
漢字の書き取りと同じです。

私が中学生で英語を始めた時にはたくさんのアルファベットを見て、
こんなのは覚えられない!と思ったものです。(笑)


それが今では何の苦もなく書けるようになりました。
日本語もそうですが、文字や漢字というのは書いて覚える人が多い印象です。
日本の教育がそうだからというのもありますが、
書き取りというのは将来に大きな力を与えてくれると感じます。


というわけで、英単語を読むことは低学年でも容易にできます。
が、書くとなると結構できる子でも難しいと言えます。
もちろんお子様によります。



小学校高学年になると

英会話教室や塾などでかなりの宿題をして、練習している子、
英語に慣れている6年生などはスペルが自分で書けるようになります。

今まで中学生から始まっていた英語を小学生から始めるのですから、
英単語が書けない、スペルがわからなくても当然です。

普通に英語を続けるだけだと読むことはできるけれど書くことは難しいです。

英単語を書けるようになるには

こればっかりは書くのが一番です。
スペルを書く、単語を書く、というのはつまり書くという行為です。



英語に限らず、言語は聞き取りから始まり、話し、読み、書くという順番で覚えます。

英会話で始めに上達するのは聞くことです。
なぜかといえば、たくさんの英語を聞くからです。

なぜ話せるかというと、話すことを何回もするからです。
これは日本語にも当てはまります。

読むこともたくさんの単語を読むことで強化されます。

つまり、英単語を書くということは書くということで覚えられるのです。


とはいえ、小学生から書くことがメインになるわけではありません。
3年生の「聞く、話す」からはじまり、段々と「読む、書く」も行うようになります。


5年生から教科化することを考えると、3・4年生に最低限
英語を聞くことアルファベットに慣れておくことが大事になってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました