「英会話教室に通う」か「英語教材で自宅学習」どちらがいいの?

こども英語

2020年からの英語教育改革に向け、学校以外で英語を勉強する子ども、
英会話や塾に子どもを通わせるママパパがとても増えています。

そこで疑問になるのは、英語を始めるにあたり
「英会話教室」「オンライン英会話」 「塾での英語」「個人指導の英語」「英語教材」
など色んな選択肢があります。


どれをとってもメリットデメリットがあるものです。
どれを選ぶかはママパパの意見と、予算、あなたのお子様に合うものや
興味をもってやりたいと思ったものを選ぶと良いでしょう。

それを踏まえた上で、ママパパがお子様になってもらいたい未来像や
目的を明確にすることが大事
になります。

始める前に目的を明確に

ただ英会話に通えば、塾で勉強すれば英語ができるようになるわけではありません。
週1回1時間ぐらいの勉強ではペラペラにはなりません。

まず英語をあなたのお子様に習わせたい理由を挙げてみてください。


自分が苦労したから子どもには苦労させたくない
子どもが英語をやりたいと言っている
海外旅行に行く
子どもに海外で通訳してもらいたい
試験のためにはじめたい


理由は様々です。

シンプルにまとめると
英会話→会話力、聞き取り力、話す力
塾→文法、試験対策

という傾向があります。


私の生徒さん(1年生から始めた)のママは
大学試験のことを既に考えられていていたことがきっかけで英会話を始められました。

また年少から3年英会話をして【くもん】に通うことにした生徒さんもいます。
1年生で英検5級を目指しているとのことです。


このように目的が明確になっていると、どれを選べばいいかが見えてきます。

これは一例に過ぎないので、あなたに合った未来を
これより具体的に想像することも大事です。

英会話

英会話というのはその名の通り、会話をすることがメインです。
英会話教室によって内容は変わります。

これから必要となってくる英語の4技能「聞く、話す、読む、書く」
バランスよくどれも行う教室や「聞く・話す」ことにをメインにしている英会話教室もあります。

英語が教科になる小学校5年生では「聞く・話す」が主体になります。


これから中学校で英語のみで授業を行うことを考えれば、
英会話で耳を慣らしておくことはとても重要です。
海外に出ていくことを考えられているならやっぱり英会話教室がオススメです。


言語というのはまず「聞く」ことから始まります。

そしてこの「聞く」という力は、中学校から突然英語を始めるよりは
小学校以前に始めておくと格段に差がでます。

そういうわけで、あなたのお子様の年齢が低いほど、
聞くことから始めることをオススメします。

そして英会話のメリットとして「楽しい」があります。


ポイント
会話力アップ
聞き取る力を養う
外国人に慣れる→世界観が広がる
定期的なので持続できる

オンライン英会話

オンライン英会話は手軽に始められるというポイントがあります。
また、家族もそばにいてフォローできたり、家族一緒にレッスンできるオンライン英会話もあるのでシャイなお子様には英語に慣れるために良いでしょう。

時間を決めて定期的に行えればベストです。
気軽に始めて予約できる分、用事が重なって…という理由で間が空いてしまうこともあります。英語は継続が必要です。最低1週間に1回は行いたいですね。



ポイント
会話力アップ
自由に時間を選べる
家族と始められる
いろんな国や人と話ができる→どんな人でも物怖じしなくなる

英語の塾

塾というのは勉強することがメインですので、会話向きではありません。
どちらかというと、「読む・書く」の試験に対応した場であると言えます。

文法はわかるようになりますので、試験のために英語であればやっぱり英語の塾または個人指導になります。


ポイント
文法に強くなる
文章を作ることができる

英語教材を自宅で

これが一番手軽で始めやすいものですね。
どの年代からでも始められます。

2歳ぐらいから「しまじろう」をやっている、
4歳ぐらいから「くもんの英語」をやっている、
という方がとても多いです。

他にも有名なものでディズニーがあります。ディズニーは高額で有名ですね。



0~6歳で英語を始めたいと思っているけど手頃な値段で、
という方には「しまじろう」が始めやすいと言えます。

毎月支払いと年間支払いがありますが、平均で月に約2000円で英語を始められます。


資料請求はコチラ




自宅教材で英語を始め、慣れてきたらインプットとアウトプット両方のために
英会話教室へ行くという手もあります。
大人と同じで、子どもも物事を覚えるには覚えたこと【インプット】を
自分の口で外に出す【アウトプット】することでより身に付きます



ポイント
予算を低く始められる
ママパパの協力が必要


いかがでしたか?
ママもパパも楽しく英語を教えてあげるとお子様がその気持ちに気づきますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました