こどもの英語教育で一番大切なこと

こども英語

いよいよ2020年の英語教育改革がはじまります。
気にしている方も気にしていないあなたも、
英語をこどもに覚えてもらうときに大事なことがあることをお伝えします。

英語を楽しむこと


英語を楽しむこと。これが英語上達のポイントです。
私が日々会うママたちからよく聞くのが、


「中学生から急に始まった英語が苦手だった…」
「私が学生の時に聞き取りに苦労したから、こどもにはそんな思いをしてほしくない」


そう仰る方が結構多いです。

おそらくわからないから嫌になってしまう、聞き取りがうまくできない、
ということから苦手意識ができてさらに英語が嫌いになってしまう。
嫌悪感が出てくると、さらにやる気もなくなります。


脳は楽しむことで物事をよりよく覚える習性があります。

あなたが得意な科目は何ですか?
得意なスポーツや趣味は何ですか?


おそらくそれが楽しいと思ってやっているはずです。
またはうまくいったという小さな成功体験から、
良い印象ができて好きになって続けているかもしれません。


英語も同じです。
英語が話せるってすごいと日本人は思いがちです。
私がいつも感じるのは、英語はスポーツや趣味と同じだということです。



私は英語を操ることができるけれど、
代わりにあなたはバレーボールができるかもしれないし、
お裁縫ができるかもしれないし、お料理が人より得意かもしれない。

そう、ただ分野の違いなのです。

どうすれば英語を楽しめる?


最近はまだベビーカーに乗っているぐらいの年齢から
スマホやiPadを持つ子どもをみかけるようになりました。

お話を聞くと、ユーチューブを見たり、英語の会話を流している、
といった方が多いです。


確かにこれは大事な一歩です。

ユーチューブであれば海外の子供向けのアニメや歌を見ることができ、
飽きっぽい子ども達でもお気に入りの動画が見つかるでしょう。

私が毎週会う4歳になった生徒さんは、
自分で動画を見て英語を覚えてママに話すそうです。


なのであなたのこどもの好きなものを見つけることがカギです。


大人が良かれと思って見せる動画に興味がなければ、
親世代が中学生で突然始まった英語と同じ結果になってしまうかもしれません。


十人十色という言葉があるように、こどもには生まれながらの性格があります。

こどもの好きを見つけて伸ばしていくことで、こども自信が楽しみを見出していきます

それをママパパと一緒に楽しんでいけたらもっと楽しくなります。

楽しく英語を続けるために○○とセットにする


あなたのこどもにどんな風になってもらいたいですか?
ただ英語を習わせたいでももちろんOKですが、もったいないです!
こどもにもあなたにも無限の可能性があります。


ある小学1年生の生徒が、
「オレ、将来アメリカに行って仕事する」と夢を語っていました。

私が小学校の時そんな先のこと考えていませんでした…。

彼は本当に英語が好きで、動画を一人で見て英語を覚えているような子です。

特に算数が好きなようで、大人でも知らないような図形の英語を知っていたり、
小学校で習う2ケタの足し算を英語で説明することができます。


インターナショナルスクールに通っているならともかく、
週1回の英会話でそこまでできるというのは驚きでした。


そう、英語を覚える、英語を続けるヒントはここにあります。


こどもが好きなこと+英語 

と言うセットで覚えるということです。



絵を描くのが好きなら、色の英語から。

スポーツもやって英語も習っていれば、将来世界に行って自分で海外の選手と話せるように。

食べ物、音楽、ダンス、ポケモン、アニメ、など
子どもが好きなものと英語を結び付けて覚えると英語を覚えやすいです。


いろんな未来があります。
あなたのお子様はどんなことに興味がありますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました